ジャズヴォーカリストnikoのMy Favorite Things

ジャズヴォーカリストnikoのブログです。スタンダード・ジャズをはじめとする音楽のことを主に綴ります。ライブ案内もこちらで!

映画”Born To Be Blue"見てからもう1年。

nikoです。
なんだか妙に映画づいてます。
ここ数日で急に色々思い出したり、見たくなっています。

この間チェット・ベイカーのことを描いた映画”Born To Be Blue" を観た方とお話ししていて、もうあの映画から1年経ってることに気づきました。
早いなあ・・・。
映画を見た日に母が大怪我したんだった・・・。
わたしが映画を見たことと母のけがは関係ないのに、
「映画なんか行ってる場合じゃなかった」なんて自分を責めたなあ・・。
もうすっかり快復しているので、平気なんですが。

そうそうDVDがもう出てるのだろうか、いやまだなんじゃ・・・
なんて話もしてたのですが、知人が既に購入してました。
発売されています。
↓クリックすると、amazonに飛びます。


 

最近、amazonやituneで映画のレンタルできるんですね。
iphoneipadで映画が見れるなんて、すごいなあ。
ちょっとレアな映画も期間限定でダウンロードできるなんて、ほんとにすごい。
これまではレンタルビデオ屋さんになかったら、買ってたんですもん。
駅前にたまに¥500均一のDVD臨時売り場が開設されてて、
そこで必死になってレアなものを探してました。
売り場をなかなか離れない私を見て、店員さんが連絡先くれた時は恥ずかしかったです。
こんな世の中になって、あのおばちゃんたちどうしてるんだろう・・・。

さて、昨年この"Born To Be Blue"を見て改めてイーサン・ホークに痺れ、
”Chelsea Hotel”というDVDを買ったのです。
(最初に痺れたのは、リアリティ・バイツを見た時)

このホテルの名前だけは知ってたし、
映画になってることも知ってたけど、
内容は全くノーマークでした・・・。
ジミー・スコットが出てました。
それも知らなかった(;^_^A。
映画の雰囲気や色彩はもうほんとに素敵♡
肝心のストーリーはホテルの住人の日々が淡々と描かれていて、
正直よくわからなかったのです。
絵画でたとえると抽象画みたいな感じでした。。。
10代のころはそういう映画大好きだったんですが、
久々にそういうの見ると感覚がついていけなくて、そのことにびっくりしました。

動画は映画”Chelsea Hotel"の中で歌われていた曲。
オリジナルはジョン・レノン


もう映画の公開終わったから、いいですよね。
イーサン・ホークの歌う”I've never been in love before"
今聴いても、映画のこの時のシーンを思い出して胸がしめつけられる想いです。

うう・・・つくづくいい映画だった。



チェット・ベイカーイーサン・ホークの動画を見ていると、こんなのを見つけました。
”The Deaths Of Chet Baker" という映画が2009年に公開になっているらしいです。
アメリカだけなんだろうな・・・。
この映画の中でチェット役を演じているStephen McHattie という俳優さん。
この人もすごい・・・。

では、これより譜面を書くことにします。